iPhone のウィジェットに音量をリセットするボタンを置く

公開日

iPhone はいつも一定の音量で使いたい。でも一時的に音量を上げたいなんて事が有る訳です。
で、音量を上げたけど終わったから元に戻しておきたいと思っても、こんな音量だったっけ? とか思ったり。
しかも音量が 49% とかになっちゃうと 50% にしないと何だか気持ち悪いんです。神経質すぎ?

そこで、ボタン一発で指定した音量にリセット出来る様にしようというのが今回のテーマ。

ショートカットアプリのダウンロード

これを実現する為に、Apple 公式の「ショートカット」アプリをダウンロードして使います。
App Store で Apple が出している「ショートカット」というアプリをダウンロードして下さい。

このアプリは iOS 12 で追加された「Siri ショートカット」よりも更に細かい指示をショートカットとして自分で組み上げる事が出来るアプリです。

ショートカットを作成

初めてアプリを開くとチュートリアルが表示されるかも知れませんが、一通り目を通したらショートカットを作って行きます。

アプリホーム画面の「ショートカットを作成」をタップ。
下の検索窓に「音量」や「ボリューム」等と入力すると「音量を設定」という項目が見付かるのでこれを選択します。

「Set Volume アクション」という項目がフローに追加され、「音量 50%」と表示されていると思います。
この「50%」の値を自分の好きな音量に調節して下さい。VoiceOver を使っている場合は値にフォーカスを合わせて上下フリックでも調節出来ます。

次に、右上の「ショートカット設定」をタップして開きます。
ここで任意のショートカットの名前を入力し、その下の項目でウィジェットに表示するかの設定をします。
ウィジェットに表示する場合は「ウィジェットに表示」をオンにして下さい。

更にここで「ホーム画面に追加」をしてホーム画面にショートカットアイコンを置く事も出来ます。
ホーム画面から実行した場合、同時にショートカットアプリが立ち上がってしまい、アプリを閉じるといった動作が加わってしまいます。それでも良いという方は試してみて下さい。
iPhone のバグを使ってホーム画面に戻るという方法も有る様ですが、動作が保証出来ないのでここでは紹介しません。

設定を終えたら「完了」を押してショートカットの作成は終了です。
ウィジェットに追加した場合はウィジェットを開き、動作を確認して下さい。
ウィジェットに表示されていない場合は、ウィジェット画面の「編集」をタップしてショートカットアプリを選択すると表示されます。

指定した音量はいつでもショートカットアプリから編集出来るので、自分に合った使い方を試してみて下さい。