iOS VoiceOver のアクセシビリティイベントオプション

最終更新日:

iOS 12.2 でアクセシビリティの VoiceOver に新たに「Webサイト」の項目が追加され、「アクセシビリティイベント」のオプションの切り替えが出来る様になっています。
オプションの説明には

アクセシビリティイベントを使用すると、Webサイトでの補助機能の挙動(例: VoiceOver)をカスタマイズできるようになります。アクセシビリティイベントを有効にすると、iPhoneで補助機能がアクティブかどうかが分かる場合があります。
とあります。

これだけでは何の事か良く分かりませんが、これはユーザー側でどうにか出来るものでは無く、Webサイト側でスクリーンリーダーを検知可能にするというものの様です。
利用方法としては、Webサイトで自動再生される動画を、スクリーンリーダーを検知した場合は手動再生にしたり、スクリーンリーダー用のテキストページにリダイレクトしたりといった事等が考えられます。

当サイトでは実装する予定は有りません。そもそも障害や補助機能に関わらず同じコンテンツを提供するのが望ましいと考えている為。

又、プライバシーの観点からもスクリーンリーダーを使っている事がWebサイト側に知られる事を嫌う人もいるかも知れません。
その場合は「アクセシビリティイベント」をオフにすると良いでしょう。しかし、スクリーンリーダー用に最適化されたコンテンツの提供を受けられない可能性は有ります。
実際にこのオプションの恩恵は殆ど受けられないと思います。今後、スクリーンリーダーの認知が進み、より充実した機能が提供される様になればもっと利用価値は上がると思いますが。