アクセシビリティを考えると ものの価値が見えてくる
スクリーンリーダーや拡大鏡といったアクセシビリティ機能を利用して、パソコンやスマートフォン iPhone iPad を操作する方法。
それらの技術を活用する為のバリアフリーサイト制作に関する情報を更新して行きます。

カテゴリー別最新記事

Windows 10 アラート音を視覚的な表示で通知する設定

Windows 10 では、マウス・キーボード操作エラー等のアラート音を視覚的な ...

新しいタブを空白ページで開く拡張機能を自作してみる

Microsoft Edge が Chromium ベースになり、Google ...

Firefox 68 のアドオンマネージャーを旧 UI に戻す設定

Firefox 68 で新しくなったアドオンマネージャーの UI を旧 UI に ...

iOS VoiceOver で読み上げる要素のラベルを変更する

iPhone iPad を VoiceOver で操作していて、アイコンやボタン ...

iPhone iOS VoiceOver の文字入力方式・入力モード

iPhone iOS VoiceOver を使ってソフトウェアキーボードで文字入 ...

iPhone iPad iOS VoiceOver の使い方

iOS には視覚障害者や画面の文字が読めない環境であっても、VoiceOver( ...

VoiceOver でリモコン操作できるバリアフリープリンター

視覚障害者の家電あるあるに、タッチパネル操作に困るというものが有ります。 大きく ...

ロジクールキーボード K780 レビュー的なもの

ロジクールのマルチデバイス Bluetooth キーボード K780 をゆる~く ...

スクリーンリーダーでキーの確認と操作練習をする

スクリーンリーダーの機能を使ってキーボード配列を確認したり、キー操作の練習をする ...

Webサイトをダークモードに対応させてみる

最近流行りのダークモード。みんな大好きダークモード。目に優しいダークモード。 そ ...

アイコンフォントのウェブアクセシビリティを向上する

Webサイトで多く利用されている Font Awesome アイコン。簡単に装飾 ...

iPhone iPad の Media Queries ブレイクポイント

CSS @media で iPhone iPad を基準としたブレイクポイントを ...

画面上の表示を読み上げるソフトウェアです。
スクリーンリーダーを使用する事で、視覚障害者やロービジョン、弱視であってもパソコンや携帯端末の操作が可能になります。
当サイトでは、スクリーンリーダーに関するアクセシビリティ情報も更新して行きます。

スクリーンリーダーの動作検証もしています