iPhone VoiceOver で Bluetooth キーボードが便利

公開日2018年8月22日更新日

iPhone を VoiceOver を使って操作している人は文字入力はどうしているんでしょうか。

VoiceOver での入力方式

入力方法は標準入力モード、タッチ入力モード、直接入力モードと複数用意されていますが、どれも一長一短な気がします。
音声入力も精度が上がって来てはいるものの、誤字や間違いが無いか心配になって、1字ずつ確認してしまったりしないでしょうか。

ほとんど使った事が無いので分からないのですが、あれは途中の一部分だけ修正したい時はどうするのでしょう。
外出先でスマホに向かってブツブツ言ってるのも他人に見られると恥ずかしいですよね。

部屋に一人で居る時でさえ Siri さんに話し掛けられない日本人気質な私にはハードルが高いです。
思い切って話し掛けてみようとしても何を言っていいか分からず、「今何時?」とかどうでもいい事聞いて会話が終わります。

「すみません よくわかりません」

とか言われた日には恥ずかしくてもう Siri さんの目を見て話せません。
そんな人を助けてくれるのが外付け Bluetooth キーボードです。

Bluetooth キーボードが便利

私が使っているのはロジクールの

K780 マルチデバイス Bluetooth キーボード

フルキーボードでかなり重い為、外に持ち出しては使えませんが、1台で PC iPhone iPad を使い分けられて便利です。

iOS のキーボード操作

iOS では Ctrl + ↑ or ↓ で画面端の項目にジャンプし、戻るボタンにも簡単にアクセス出来ます。
また Esc キーを戻るボタンとしても使え、ホーム画面に戻るショートカットキーも備えています。
Ctrl + Win キー + h でもホーム画面に戻れますが、ショートカットキーを覚えなくても良いのは助かります。

VoiceOver でキーボード操作をする場合、Ctrl + Option キー(これを VO キー と呼ぶ)と他のキーを組み合わせた操作が基本になります。

Windows キーボードでは、Option キー が Alt キー、Command キー が Win キー の代わりになると Apple のサポートページにもあるのですが、何故か Win キー が Option キー の代わりとして動作してます。
自分でも良く分からないのですが、とりあえず Ctrl + Win で動いているので深く考えない事にします。

それよりも、以前は Fn キー + Esc で画面をロック出来たのですが、いつぞやの iOS のアップデートでこっそり使えなくなりました。
とても便利に使っていたのですが、誰か代替となるショートカットキーなどご存知でしたら教えて下さい。

より詳しいキーボード操作はこちらのページへ
iPhone iOS VoiceOver の Bluetooth キーボード操作