VoiceOver 設定をアプリや状況によって切り替える

最終更新日:

iOS 13 ではアプリや状況によって VoiceOver の設定を切り替える「アクティビティ」機能が追加されました。
使用するには「設定」→「アクセシビリティ」→「VoiceOver」→「アクティビティ」を設定します。

アクティビティ機能で設定出来る項目

読み上げ設定


読み上げ速度
音量

詳細度設定

句読点および記号
絵文字を読み上げる
表のヘッダ
行と列の番号

点字設定

一般状況セル
テキスト状況セル
点字表
点字出力
点字入力

自動切り替え

App
コンテクスト

動作

修飾キー

アクティビティ機能を使う

作成したアクティビティは、「ローター」の項目に「アクティビティ」を追加すると、選択肢として作成したグループが表示されます。
又は、自動切り替えを設定してシームレスに切り替える事も出来ます。

例えば、自動切り替えの App に多言語アプリを指定し、声をネイティブの言語にする。
読書アプリでは聞きやすい声と速度に切り替える。
メールアプリでは、句読点および記号で「/(スラッシュ)」「_(アンダースコア)」を無視する設定にしてURLを短縮して読み上げさせるといった使い方が出来ます。
iOS VoiceOver の句読点および記号の読み上げを制御する
アクティビティは複数作成出来るので、それぞれの環境に合わせてカスタマイズしてみて下さい。