Windows 10 の録音はボイスレコーダーがシンプルで便利

最終更新日:

ボイスレコーダーはインターネットラジオやパソコンから流れる音楽をちょっと録音したいといった時に使える手軽で便利なアプリ。
予約録音や細かい設定は出来ませんが、パソコンから出力される音を簡単に録音する事が出来ます。
アプリはマイクロソフトストアからインストール出来るので管理も楽。

基本的な使い方

アプリを起動して Enter で「録音の開始」
もう一度 Enter で「録音を停止」
録音を停止すると自動で .m4a ファイルとして保存され、Tab 上下キーでファイルの操作・確認が出来ます。

このアプリの良いところは、キーボードで簡単に操作出来るところ。
勿論、マウス操作も可能ですが、キーボード操作が容易なのは少ないニーズかもしれませんが大きなポイント。

録音する為の設定の確認

録音が開始されない、ボタンが反応しない場合は以下の設定を確認する。
「スタート」→「設定」→「システム」→「サウンド」の項目
「マイクのプライバシー設定」を開き、「アプリがマイクにアクセスできるようにする」にチェックを入れ、「マイクにアクセスできる Microsoft Store アプリを選ぶ」の一覧の「ボイス レコーダー」にチェックが入っている事を確認。

「スタート」→「設定」→「システム」→「サウンド」の項目
「サウンド コントロール パネル」を開き、「録音」タブの一覧の「ステレオ ミキサー」が無効となっている場合は、これを右クリックで有効にして「既定のデバイス」とする。

更に、アクションセンターの通知音が録音中に紛れ込む可能性が有るので、通知領域のアクションセンターアイコンを右クリックし、集中モードの「アラームのみ」等にしておくと失敗しないかもしれません。
バージョン:ボイス レコーダー 10.1908.2484.0