YouTube をキーボードで操作する

最終更新日:

YouTube のキーボード ショートカット

再生

ショートカットキー
説明
Space or k
再生 / 一時停止
5 秒巻き戻す
j
10 秒巻き戻す
5 秒早送り
l
10 秒早送り
P (Shift + p)
前の動画
N (Shift + n)
次の動画
,
前のフレーム(一時停止中)
.
次のフレーム(一時停止中)
< (Shift + ,)
再生速度を下げる
> (Shift + .)
再生速度を上げる
0 ~ 9
動画の特定のポイントに移動

全般

ショートカットキー
説明
f
全画面に切り替える
t
シアターモードを切り替え
i
ミニプレーヤーの切り替え
Esc
ミニプレーヤーまたは現在のダイアログを閉じる
m
ミュートの切り替え

字幕

ショートカットキー
説明
c
動画が字幕に対応している場合は字幕のオン / オフを切り替える
o
テキストの不透明度レベルを調整
w
ウィンドウの不透明度レベルを調整
+
フォントサイズの変更(大きくする)
-
フォントサイズの変更(小さくする)

ショートカットキーは動画プレーヤーにフォーカスが当たっていないと正しく動作しないものが有ります。
又、ブラウザや環境によって、動作が異なる可能性が有ります。

スクリーンリーダー使用時

スクリーンリーダー使用時は、独自キーコマンドにより、キーの受け渡しが上手く行かない場合が有ります。
例えば、PC-Talker の場合は「Ctrl + Space」でナビゲーションキーをオフにする。
全てのショートカットキーを使うなら「Ctrl + Alt + N」で PC-Talker の動作を一時的に無効にする等といった対応が必要になります。

逆にスクリーンリーダーの見出しジャンプのナビゲーションキー(Hキー)を使って関連動画を巡回し、「Enter」キーで目的の動画にアクセスする事が出来ます。