iOS VoiceOver の句読点および記号の読み上げを制御する

最終更新日:

iOS 13 では VoiceOver の句読点および記号の読み上げを詳細に制御出来る様になりました。
これにより、一部読み上げたい記号や、読み飛ばしたい記号の制御が可能になります。
「設定」→「アクセシビリティ」→「VoiceOver」→「詳細度」→「句読点および記号」から設定を行います。

句読点および記号の設定

カスタムグループから使用するグループを選択します。作成していない場合は「句読点グループを追加」をタップします。
新しく作成する読み上げのベースとなる初期句読点グループを選択します。バランスが取れているのは「一部」です。グループ名は自分で分かり易い名前を付けて下さい。
デフォルトの置換の中から変更したい記号をタップし、読み上げのルールを変更する事が出来ます。

デフォルトの置換の中に置換したい記号が無い場合は「置換項目を追加」をタップし、新しいルールを追加する事が出来ます。
ベースとなるグループが「一部」の場合、「・」を「なかぐろ」と読み上げるので、これを読み飛ばすには、テキストフィールドに「なかぐろ」と入力すると変換候補に「・」が表示されるので、入力してルールの「無視」を選択します。

作成したカスタムグループは「現在有効な句読点グループ」から選択して適用する事が出来ます。