iOS VoiceOver で読み上げる要素のラベルを変更する

最終更新日:

iPhone iPad を VoiceOver で操作していて、アイコンやボタンが正しく読み上げられない、又は任意の読み方に修正したい場合、その要素の読み上げをピンポイントで変更する事が出来ます。
特定の要素では無く、単語の読み方の修正についてはこちらへ。
VoiceOver スピーチ機能の読みかたの辞書登録をする

要素にラベルを設定する

変更したい要素に左右フリック等で VoiceOver のカーソルを合わせ、画面を2本指でダブルタップして押さえたままにします。
サウンドが鳴り、現在要素に設定されているラベルがテキストフィールドに表示されます。
このラベルを任意のテキストに変更して保存すると、その要素の読み上げるラベルを置き換える事が出来ます。

変更したラベルを元に戻したい場合は、テキストフィールドの文字を全て削除して空の状態で保存します。

ラベル変更時の注意点

ラベルを変更するケースは、ボタンを「ボタン」としか読み上げなかったり、何のリンクか分からなかったりといった場合が多いと思いますが、そもそもその要素の役割を自分で調べる必要が有ります。
これはアプリ製作者側がアクセシビリティに配慮しているかによるので、アプリのバージョンアップによって修正される事も有りますが、ユーザー側でその都度対応するしか有りません。

又、気合を入れて全て修正しようとすると、バージョンアップ等で修正したラベルがリセットされるという悲惨な目にあうので、一時的なものとして考えておくのが良いかと思います。