やらねば.com

PC-Talker を使ってキーボードでマウス操作する

スクリーンリーダーは基本的に全ての操作をキーボードで行える様に設計されていますが、アプリやWebサイトがマウス操作を前提として作られており、キーボード操作では情報にアクセス出来ないといったケースは少なくありません。
こういった場合に、PC-Talker ではキーボードからマウスカーソルを操作するマウス操作モードが搭載されており、マウスの移動やクリックをキーボードで行う事が出来ます。

マウス操作モードの起動

マウス操作モードに切り替えるには「Ctrl + Alt + Home」又は「Ctrl + Alt + End」でテンキー、クリップボード、マウス操作モードを順番に切り替えます。
マウス操作モードを利用する際は、マウスカーソルの当たった項目を読み上げる機能「Ctrl + Alt + _(アンダーライン)」を併せて使うと便利です。

Windows には OS 標準のテンキーをマウスとして使うマウスキー機能が搭載されているので、PC-Talker を使いつつ Windows のマウスキー機能を利用する事も出来ます。

マウスのクリック・ホイール操作

キーボード操作
対応するマウス操作
テンキー7
左クリック
テンキー9
右クリック
Alt + テンキー7
ホイールクリック
Alt + テンキー9
ホイールを上に回す
Alt + テンキー3
ホイールを下に回す

左クリックはモードに関係無く「Ctrl + Alt + @」でも行えます。

マウスカーソルの移動

キーボード操作
対応するマウス操作
テンキー8
上方向に移動
テンキー2
下方向に移動
テンキー4
左方向に移動
テンキー6
右方向に移動

Alt キーを押しながら対応するテンキーを押すとマウスカーソルの移動速度が上がります。

マウスカーソルのブロック移動

現在アクティブなウィンドウを 3 × 3 分割の9ブロックに見立て、対応するテンキーの位置にマウスカーソルを移動させます。

キーボード操作
対応する移動先
Ctrl + テンキー1
左下ブロック
Ctrl + テンキー2
下ブロック
Ctrl + テンキー3
右下ブロック
Ctrl + テンキー4
左ブロック
Ctrl + テンキー5
中央ブロック
Ctrl + テンキー6
右ブロック
Ctrl + テンキー7
左上ブロック
Ctrl + テンキー8
上ブロック
Ctrl + テンキー9
右上ブロック

マウスカーソルの自動移動

現在アクティブなウィンドウ内に有るボタン等のコントロールへ移動させます。

キーボード操作
対応する移動先
テンキー0
次のコントロール
Alt + テンキー0
前のコントロール

コントロールへの移動はモードに関係無く「Ctrl + Alt + ]」で次のコントロール、「Ctrl + Alt + [」で前のコントロールへ移動が使えます。

マウスカーソルの位置読み上げ

マウスカーソルの位置を垂直方向・水平方向の順にドット単位で読み上げます。

キーボード操作
読み上げる位置
テンキー.(ピリオド)
全画面中の位置
Alt + テンキー.(ピリオド)
現在アクティブなウィンドウ内の位置
Ctrl + テンキー.(ピリオド)
ブロック単位を基準とした位置

ウィンドウサイズの切り替え

テンキー1で現在アクティブなウィンドウのサイズを 大 > 中 > 小 の順に自動的に切り替えます。