PC-Talker 10 音声ガイドの設定

最終更新日:

メニューとダイアログ

メニューの説明文をガイドする

メニュー項目名の後に、その項目の機能説明をガイドします。
デスクトップやエクスプローラーのフォルダー、ファイル一覧選択時の項目の説明もガイドします。

このガイドを利用するにはポップアップの説明文を表示させる必要が有ります。
適当なフォルダーを開き「表示」→「フォルダー オプション」設定の「表示タブ」の詳細設定項目から「フォルダーとデスクトップの項目の説明をポップアップで表示する」にチェックを入れます。
更に「フォルダーのヒントにファイル サイズ情報を表示する」にチェックを入れると、フォルダーのサイズ等も追加説明されます。
しかし、説明文が冗長になり、このポップアップ表示機能が重いので、使っていないか操作にひっかかりを感じるなら、上記のポップアップ機能自体をオフにすると改善されるかもしれません。

項目の操作をガイドする

項目名の後に、その項目の操作方式をガイドします。
例として、通常のエディットボックスは「文字入力」
チェックボックスは「切り替え」
コンボボックス・ラジオボタンは「選択」
Enter キーや Space キーで実行・決定する機能のボタンは「確認」と操作をガイドします。

項目のコントロール名をガイドする

項目名の後に、その項目のコントロール名称をガイドします。
コントロールにフォーカスが当たると「エディット」「チェックボックス」「コンボボックス」「ラジオボタン」等とガイドします。
Enter キーや Space キーで実行・決定する機能のボタンは「プッシュボタン」とガイドします。

項目のショートカットキーをガイドする

項目名にショートカットキーの記述があればガイドします。

クリップボード

クリップボードを自動的に読み上げる

クリップボードにコピーされたテキストを自動的に読み上げます。
範囲選択したテキストがちゃんとコピーされているかといった確認に役立ちます。
ショートカットキー:「Ctrl + Alt + X」でオン/オフ

キーボード

入力キーの文字を読み上げる

キー入力された文字を読み上げます。
日本語変換中の入力された文字は、この設定の状態に関わらず必ず読み上げられます。
ショートカットキー:「Ctrl + Alt + \」でオン/オフ

ナムロック キャプスロック 英数かなキーの入力を読み上げる

それぞれの入力状態を切り替えたとき、音声でガイドします。

パスワード入力

パスワードを読み上げる

パスワード入力時の文字を読み上げます。
入力した文字の読み上げは可能ですが、画面上の表記はセキュリティ上「●」又は「*」となっています。

パスワードのカーソル移動時 識別読みする

パスワードの入力内容をカーソル移動するとき、識別読みで文字を読み上げます。
オフの場合は設定メニューのカーソル文字の読み方に従い、文字を読み上げます。

パスワード入力の設定項目は Internet Explorer が対象です。
Firefox 65 では動作は確認出来ませんでした。(カーソル移動で文字を確認する事は出来ない)

画像のOCR認識

画像を自動的にOCR認識して読み上げる

テキスト情報を持たない画像やウィンドウにフォーカス移動したとき、自動的に画面のOCR認識を実行して、その認識結果を読み上げます。
OCR認識についての検証はこちらのページも参考に
スクリーンリーダーの OCR 機能で画像の文字を読み取る