アクセシビリティを考えると ものの価値が見えてくる
スクリーンリーダーや拡大鏡といったアクセシビリティ機能を利用して、パソコンやスマートフォン iPhone iPad を操作する方法。
それらの技術を活用する為のバリアフリーサイト制作に関する情報を更新して行きます。

カテゴリー別新着記事

Firefox 68 のアドオンマネージャーを旧 UI に戻す設定

Firefox 68 で新しくなったアドオンマネージャーの UI を旧 UI に ...

Windows 10 オンスクリーンキーボードの使い方

Windows 10 では、障害等により標準の物理キーボードの利用が困難な場合、 ...

Windows 10 テンキーをマウスとして使用する方法

マウスキー機能を使用すると、キーボードのテンキーをマウスの代わりとして使う事が出 ...

iOS VoiceOver で読み上げる要素のラベルを変更する

iPhone iPad を VoiceOver で操作していて、アイコンやボタン ...

iPhone iOS VoiceOver の文字入力方式・入力モード

iPhone iOS VoiceOver を使ってソフトウェアキーボードで文字入 ...

iPhone iPad iOS VoiceOver の使い方

iOS には視覚障害者や画面の文字が読めない環境であっても、VoiceOver( ...

ロジクールキーボード K780 レビュー的なもの

ロジクールのマルチデバイス Bluetooth キーボード K780 をゆる~く ...

スクリーンリーダーでキーの確認と操作練習をする

スクリーンリーダーの機能を使ってキーボード配列を確認したり、キー操作の練習をする ...

Windows 10 Bluetooth デバイスの接続と解除

Windows 10 のパソコンにキーボードやマウスを Bluetooth 接続 ...

アイコンフォントのウェブアクセシビリティを向上する

Webサイトで多く利用されている Font Awesome アイコン。簡単に装飾 ...

iPhone iPad の Media Queries ブレイクポイント

CSS @media で iPhone iPad を基準としたブレイクポイントを ...

Luxeritas タイトル見出しを左右の余白まで拡げる

文章を読む際に、人間の目は左右の往復の幅が大きいと疲れ易いとの事。 一行の長さは ...

画面上の表示を読み上げるソフトウェアです。
スクリーンリーダーを使用する事で、視覚障害者やロービジョン、弱視であってもパソコンや携帯端末の操作が可能になります。
当サイトでは、スクリーンリーダーに関するアクセシビリティ情報も更新して行きます。

スクリーンリーダーの動作検証もしています