Windows 10 オンスクリーンキーボードの使い方

最終更新日:

Windows 10 では、障害等により標準の物理キーボードの利用が困難な場合、Windows に搭載されているスクリーンキーボードを使い、画面上でマウス等のデバイスを使ってキーボードと同じ操作が行えます。

オンスクリーンキーボードを使うには

「スタート」→「設定」→「簡単操作」→「キーボード」を選択し、「スクリーン キーボードを使用する」をオンにします。
終了するには、同じ方法でオフにするか、スクリーンキーボード右上の「閉じる」ボタンを押します。
キーボードショートカットを使う場合は、「Ctrl + Win + O」でオン/オフを切り替えられます。
サインイン画面でオンスクリーンキーボードを開くには、サインイン画面の右下隅にある「コンピューターの簡単操作」ボタンを選択し、「スクリーンキーボード」を選びます。

オンスクリーンキーボードの入力オプション

スクリーンキーボードを開き「オプション」キーを押すと、キーボードのレイアウトや入力方式の選択が出来ます。

クリック音を使用する

オンにすると、キーを押した時にサウンドでキーが押された事を知らせます。

画面上での移動をしやすくするようにキーを表示する

オンにすると、「ナビゲート」「上へ移動」「下へ移動」「固定表示」「透過表示」のキーがスクリーンキーボード上に表示されます。

テン キーを有効にする

オンにすると、スクリーンキーボード上にテンキーが表示されます。

スクリーンキーボードの使用方法

キーの入力方式を以下のモードから選択出来ます。

「キーをクリックする」
スクリーンキーをクリックしてテキストを入力するにはこのモードを使用します。

「キーをポイントする」
マウス又はジョイスティックを使ってキーをポイント入力するにはこのモードを使用します。
指定した時間キーをポイントし続けると、その文字が自動的に入力されます。

「キーをスキャンする」
キーボードをスキャンして入力するにはこのモードを使用します。
スキャンモードでは、スクリーンキーボード上の入力領域のキーが順に強調表示され、入力したい文字をキーボードショートカットやスイッチ入力デバイス、マウスクリックを使用して入力します。

予測入力を使用する

オンにすると、入力時に単語の入力候補が表示されます。
予測入力は、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語に対応しており、これらの言語のいずれかを使用する必要が有ります。

機能モード

スクリーンキーボード上の「機能モード」キーを押すと、上部にファンクションキーが表示され、使用する事が出来ます。