Windows ナレーター ナビゲーション設定

最終更新日:

Windows 10 OS 標準のスクリーンリーダー ナレーター のナビゲーション設定です。
ナレーターを使用して PC を操作する方法を変更します。

ナレーターをキーボードから開始または停止するには、Windows ロゴ キー + Ctrl + Enter キーを押します。
ナレーターを起動するとタスクバーに設定メニューが表示され、いつでも設定を変更する事が出来ます。
Windows 10 October 2018 Update 適用

ナレーターのナビゲーション設定項目

画面の読み上げと操作にマウスを使用する

マウスカーソルが当たっている部分のテキストや項目を読み上げます。

テンキーを使用して画面上でマウスを移動する

テンキーをマウスとして使用する事が出来ます。
テンキー「4」で左、「8」で上、「6」で右、「2」で下にそれぞれマウスカーソルを移動します。
テンキー「5」でクリック、2回押下でダブルクリックの動作になります。

ナレーター カーソルをマウス カーソルに合わせる

ナレーターカーソルの項目の移動とマウスカーソルの移動が同期されます。

タッチ キーボードから指を離したときにキーを有効にする

タッチキーボードから指を離した直後に文字が入力されます。

ナレーター カーソルをキーボード フォーカスに合わせる

ナレーターカーソルとシステムのカーソルを可能な限り同期させます。

テキスト挿入ポイントをナレーター カーソルに合わせる

ナレーターカーソルを文字や単語単位で移動する際に、テキスト挿入位置も同時に移動させます。

ナレーター カーソルの移動モードを選択する

標準モードと詳細モードを切り替えます。
Microsoft のサポートページには
> 標準モードでは、ナレーターはリンク、表、その他の要素などのさまざまな項目間を移動できます。
> 詳細モードでは、プログラムで表現されたアプリケーションを通じて 4 つの方向キーを使ってナレーター カーソルを移動できます。
とあります。
何を言っているのか分かりませんが、実際の動作を検証しつつ更新して行きます。