Windows 10 テンキーをマウスとして使用する方法

最終更新日:

マウスキー機能を使用すると、キーボードのテンキーをマウスの代わりとして使う事が出来ます。

マウスキー機能を有効にする

「スタート」→「設定」→「簡単操作」→「マウス」の「テンキーを使用するためにマウス キー機能をオンにして、マウス ポインターを移動する」をクリックしてオンにします。
ショートカットキー「左 Shift + 左 Alt + Num Lock キー」の同時押しでも有効にする事が出来ます。
「タスク バーにマウス キー機能のアイコンを表示する」をオンにすると、マウスキー機能が有効な場合、マウスキー機能が有効化のアイコンが通知領域に表示されます。
「Ctrl キーを押したままにして加速し、Shift キーを押したままにして減速する」をオンにすると、Ctrl と Shift でマウスポインターの加速と減速が出来る様になります。

マウスキー機能の使い方

テンキー「5」のキーを中心に、各数字の方向へマウスポインターが移動します。
「8」キーを押すと上、「6」キーを押すと右、「1」キーを押すと左下へ移動します。

クリック操作を行うには、左クリック・右クリックの指定をして「5」キーを押します。
「-(マイナス)」を押すと右ボタンが選択され、「5」キーを押すと右クリックになります。
「/(スラッシュ)」を押すと左ボタンが選択され、「5」キーで左クリック、「+(プラス)」キーでダブルクリックになります。

ドラッグ・ドロップをするには「0」キーで項目を選択し、「.(小数点)」でドロップします。

各キーの対応する動作

キー
動作
5
クリック
+(プラス)
ダブルクリック
-(マイナス)
右ボタンを選択
/(スラッシュ)
左ボタンを選択
*(アスタリスク)
両方のボタンを選択
0
ドラッグ開始
.(小数点)
ドロップ